ステップ2

ここからが不動産会社の協力を実際に得ながらの、不動産売却活動となります。

■ 媒介契約を結ぶ

不動産会社への不動産査定を依頼し、所有する不動産の査定結果の報告を受けた後には、実際に不動産会社への仲介を依頼することになります。 これを不動産会社との媒介契約を結ぶというステップと呼びます。

■ 不動産の売り出し

不動産会社によって、所有している不動産の売り出し価格を提案してもらいます。
売り出し価格は、その後の売却活動において、とても大きな影響を及ぼしますので、自らの希望売却価格はもちろんのこと、不動産会社の査定価格や、売却の事例、その他にも市場の動向などを踏まえて、慎重に決定するようにしましょう。

■ 買主との交渉

売り出し価格を決定し、販売をスタートした不動産には、購入希望者が現れることになります。
この段階から、買主との売却交渉に入ります。

価格の条件はもちろんのこと、その他さまざま存在する条件面での交渉などを、じっくりと行うことになります。
自分が持つ条件の中でも譲れる部分と譲れない部分をしっかりと把握した状態で、可能な限り理想に近づく交渉を行うようにしましょう。

これらのステップになると、不動産の仲介担当者との呼吸こそが、理想の不動産売却活動においての重要な要素になりますので、しっかりと関係を構築しながら、希望の買主との交渉を進めることをオススメします。